「世界一美味しい煮卵」を作ってみたら簡単なのに激ウマでマイ殿堂入りレシピになった

36年生きてきて煮卵がこんなに簡単に作れるなんて知らなんだよ・・・。

1.jpg

そんな素晴らしい煮卵の作り方を教えてくれたのがこの本。楽天ブックスで見つけて気になったので即買いしてみたのである。

人気レシピブログを運営する著者が行き着いた哲学は「適当で楽で安く済んで、でも美味しい料理こそ、本当に必要な料理じゃないだろうか?」ということだった。「ひとりぶん」レシピで、材料はスーパーで手に入る物、かつ1円単位で値段も明記。「適量」や「少量」という表記も一切無し!簡単で美味しいからこそ、料理のモチベーションが湧いてくる。「ひとりで食事をする時間」を最高に楽しくて美味しい時間にするための最高の一冊、ここに誕生!

というのがこの本。タイトルにでっかく「世界一美味しい煮卵の作り方」と書いてあるが、中身は簡単につくれる家メシ100レシピが詰まっている。まぁ煮卵の作り方だけで本には出来ませあんわな(笑)

世界一美味しい煮卵の作り方は至ってシンプル

2.jpg

というわけでレシピに書いてある通りに煮卵を作ってみた。レシピはシンプルで簡単すぎるので1回作れば覚えられるレベル。

3.jpg

煮る分数などは秘伝のレシピ?かもしれないし、書いたら本の価値が無くなるので是非作り方は本書で見てみて欲しい。

4.jpg

それにしても卵を茹でるのなんていつ振りだろうか・・・結婚してからは殆ど料理はしなくなってしまい、最近ではトレーニングの一環で朝はプロテインだけだったので卵を茹でるなんてほんとひさしぶりだ。

5.jpg

茹でた卵を入れる時はまぁ容器ならなんでも良いのだが、このジップロックの長方形のやつが恐ろしいほどフィットした。”煮卵専用に作られたのでは・・・” と思ってしまうほど覧の通り卵が3つジャストピッタリと隙間なく入った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

旭化成 ジップロック コンテナー 長方形 300ml 2個入
価格:328円(税込、送料別) (2017/7/10時点)

そしてこれは余談だが、どうやらだしの素は希釈して使うものだったようで、素のまま結構な量を消費してしまい嫁にめっちゃ怒られた・・・僕と同じ過ちを犯す男子は多そうな気がするので僕と同じ轍を踏まないようにご注意あれ。

6.jpg

ダシに付けたら冷蔵庫へ。

7.jpg

そして翌日。いい具合に美味しそうな色になった煮卵ちゃん。早速嫁と一緒に試食してみたのだが・・・

8.jpg

世界一美味い!

美味い、美味すぎる。ダシを希釈しなかったせいで凄く濃い煮卵になってしまったが、これは素晴らしく美味い!(嫁は濃すぎると言っていたが、後日希釈して作った2回目の煮卵は超美味いと言っていた)

1

いやー煮卵はラーメン屋で食べる物であって自宅で煮卵を作るなんて発想はこの本を見るまで有りませんでした(笑)ほんと超絶簡単に作れたので、暫く煮卵製作にハマりそう。

自分で煮卵を作れれば家でカップラーメンを作ってもトッピング出来るし、これはかなり良いスキルを身につけられました。他にも「タダごとではない旨さのアボカドの食べ方」や「にんにく香るあさりの酒蒸し」など美味そうなレシピが盛りだくさんなので、1冊持っておく事をオススメ致します。