「どうせ無理」なんていう大人にはなりたくない!植松努さんのTEDプレゼンテーションが素晴らしい

TEDxSapporoに北海道でロケット開発をしている植松努さんが登壇されていて内容が素晴らしかったのでシェア。


人生は一度きり、ぶっつけ本番なんです。

静かな語り口調ですが植松さんの熱い想いが伝わってきます。仕事で落ち込んだ時や腐ってやる気が出ない時に何度も見直したくなる、そんな動画。

ちなみに個人的に一番心に響いたのは、植松さんのお婆ちゃんのお言葉
(努さんちゃうんかいっていうね)

お金はねうちがかわってしまう、
だからお金があったら本を買いなさい

僕は学生時代はゲームと漫画に明け暮れて全然本なんか読まなかったんですが、社会人になってからはビジネス書・参考書などかなり本を買うようになり、おかげさまでビジネス知識やらウェブデザインやらプログラグラミング等、様々な事を本から学びました。

本を読んで出来る事を増やす。お婆ちゃんの言葉を見て本の重要性を再認識しました。

という事で植松本のご紹介♩

本は大事だよってお伝えしたところで本動画の植松努さんが書いた本をご紹介します♩

NASAより宇宙に近い町工場 僕らのロケットが飛んだ

実は植松努さんという方の事は2年程前に野々市のブック宮丸で買ったこの本で知っていました。本の帯に「すべて自腹で宇宙ロケット開発に取り組む北海道の小さな町工場」と書いてあって北海道でロケット開発!?しかも自腹wwwと凄い面白そうな内容だったので衝動買いしたのを覚えています。

内容は宇宙開発を始めた経緯から植松さんの経営思想・夢など、今回の動画より細かいディテールが植松さんの語り口調のように書かれています。

この動画と同様に読んで損はないというか読んだ方が良いオススメ本なので、動画を見て植松さんに興味が湧いて来た方は是非読んでみてください。

コメント3件