廃棄された野菜から作られたクレヨンが最近人気の模様。これは目の付け所がシャープやね!

ビールを飲みながら東京ビジネスオンデマンドでGAIAの夜明けを見ていたら、こりゃ売れるな!って商品が紹介されておりました。

廃棄された野菜から作られたクレヨン

紹介されていたのは廃棄された野菜から作られたクレヨン。売り物にならないゴボウやらキャベツやらを買い取り、その野菜の自然の色をそのままクレヨンしたのだ。

これがデパートやら高級雑貨店やら幼稚園やらで売れているらしく、へーこんなんあるだんとAmazonで見たらベストセラー1位でした。ほんとに売れてる(笑)

最近はもう電子機器にしか興味が無くてこういうアナログちっくな商品は全く見てなかったのだけど、確かにこれは目の付け所がシャープな商品ですよね。

そもそもクレヨンは石油とロウで出来ているようで子供が口に入れたりしたら害が有りそうだし(まぁ今まで世代は丈夫に生きてますが)、親の心情的には野菜から作ってるなら万が一口に入れても害が無さそうって思うし、なんかエコな感じがして地球に優しい感じがするし。

これは今後どんどん既存のクレヨンに取って変わる可能性を秘めた商品ではないでしょうか。

この野菜クレヨンを作られているのは青森県にあるmizuiroという会社で、木村尚子さんという代表(デザイナー)の方が考案されたようです。

mizuiro

ちなみにこのmizuiroはWordPressのオフィシャルテーマ「Twentyfifteen」で作られてますね!こう見るとTwentyfifteenカッコイイな・・・。

無料カートのBASEでも販売されてて、WordPressやらBASEやら最近の無料ツールを使いこなしているところがさすが若いデザイナーさんだなと思いました。

お子さんが口に入れても無害なクレヨン、是非使ってみては如何でしょうか。僕も子供が出来たらこれ買お〜

余談。にしても、我々ウェブデザイナーもアイデアさえあればWordPressで情報発信してSTORESで簡単に販売出来るし、後はアイデアだけですな。アイデアか・・・なんか有りそうな気がするような、しないような。