前編・Thunderbolt Displayが壊れたので安く修理すべくカメラのキタムラに修理依頼してみた

3年ほど前から使っているAppleのThunderbolt Displayが壊れた・・・

Thunderbolt Displayの症状

1.jpg

Thunderbolt Displayがおかしくなったのは約2週間ほど前。朝、MacbookProの電源を入れてもディスプレイの画面が真っ黒のまま映らない。

ケーブルの接触かと思い、何度もThunderboltケーブルを抜き差ししてみるが、画面は真っ黒のまま。

まさか壊れ・・・たのか・・・。この日は大事な案件のリリース日だったのでかなり焦った。とりあえず電源コードを引っこ抜いて差し直してみたら

映った!

映った・・・あぁよかった・・・。
とこの時は一時的なものかと思っていたのだが、次の日もその次の日も毎朝この症状が出るようになり、とうとう完全にディスプレイが点かなくなった。

2

こうなるともうAppleに修理依頼するしか道は無い。主要な案件もほぼ終わったのでしばらくはMacbookProだけで我慢するかと腹を決めThunderbolt Displayを修理に出す事にした。ちなみに腹を決めるまではこんな感じで作業していた。まぁ3年に1回ぐらいならいつもと違う雰囲気を味わえて良いが、いつまでもこれは御免である。

Thunderbolt Displayの仁義なき修理費

とりあえずAppleのウェブサイトからお問い合わせを依頼。数分も経たないうちにAppleからの自動音声電話が掛かってきたので担当者との対話を指定。

女性の担当者の方にThunderbolt Displayの症状を伝え、色々やりとりした結果修理になるとの事。

修理対応には2種類あって、Appleに郵送で商品を送ってもらうか、近くの正規サービスプロバイダに持ち込んで修理してもらうかが有るとの事。

ディスプレイは結構重いし、Appleで直接直してもらった方がちゃんと直るような気がしたのでAppleに直接郵送する方法をお願いしようかと思ったが、1点注意事項が有り

修理費は一律¥57,750掛かる

との事。

ディスプレイの修理は生まれて初めてなのでこれが高いのか安いのか分からないのだが、原因も分かってないのに一律で6万近くも取られるのはなんだかなぁという気がする。

例えばThunderboltケーブルの接触不良だけが問題であっても上の金額が取られるのだ。まぁ、派手にぶっ壊れてたらお特なのかもしれないが・・・。

で、担当者の方いわく、僕の家の近い場所でKOHRINBO109にあるカメラのキタムラがAppleの正規サービスプロバイダで、そこで修理対応可能ならもっと安く出来るかもしれないので一度聞いてみてはどうかとの事。

カメラのキタムラがAppleの正規サービスプロバイダなんて話は初めて聞いたが、まあダメ元で一度聞いてみるのも有りかなと思い了解して一旦終話。にしてもカメラのキタムラ、いつの間にかApple製品を扱っていたとは・・・まぁスマホの普及でデジカメの売上も年々落ちてるので次の食い扶持を模索しているのでしょうか。

カメラのキタムラにThunderbolt Displayを持ち込んで修理依頼

3.jpg

一応行く前にAppleの担当者が教えてくれたカメラのキタムラの番号に電話してThunderbolt Displayの修理が可能かどうか聞いてみて可能との返答を貰ったので早速ディスプレイを持ってKOHRINBO109の4Fにあるカメラのキタムラに行ってみた。

にしてもやはりカメラのキタムラでApple製品の修理を受け付けてくれるイメージが湧いてこないが、109のエレベータで4Fに降り立った瞬間、僕のイメージは覆された。

4

Appleストアやんこれ

いつものカメラのキタムラをイメージしていたが、店内にはカメラ製品は全く無くほとんどAppleストアそのままであった。にしてもこの店内とカメラのキタムラという名前はやはり昔からカメラのキタムラを使っていた身としてはしっくりこないなぁ・・・。

気を取り直して店員さんにディスプレイの修理をしたいと告げると、まずは専用のiPadから修理依頼のデータを打ち込んで下さいとの事。

5

利用規約や簡単な問診と個人情報を入力して手続き完了。

店内には女子校生やオジサンで賑わっていて、iPhone系の修理は結構待ち時間が有るようだがMacの修理(Thunderbolt DisplayはMacに分類される模様)は空いていてすぐに担当のスタッフさんが付いてくれた。

スタッフさんに症状を伝え、お店のMacで検証しても画面は真っ暗だったのですぐに調査&修理の対応になった。

一応原因を調べて修理見積もりも出来るようだが、めんどいのでAppleの一律の修理費¥57,750以下ならそのまま修理してもらうという事で話は終わった。

はてさて原因は一体なんなのか、カメラのキタムラで修理したら安くなるのか!?というかカメラのキタムラで本当にThunderboltDisplayの修理が出来るのか(まだ疑心暗鬼)期間は大体1週間程との事なので、結果が出たらまた続きを書きたいと思います。

あぁ、直るまで作業効率大幅ダウンやで・・・。