WordPress超高速サーバwpXからhetemlへ戻りました・・・

hetemlからwpXへサーバの乗り換えをしたのは今年の5月初旬。

あの頃は「WordPressが高速で動くぞ!」みたいな記事を各所で見かけ、自分もwpXをお試ししてみたらなんとまぁWordPressの動作が早い事早い事・・・あれ、この子こんなに早く動けたんだ???みたいな感動が有ったものです

が、本日、高速サーバwpXからまたhetemlに戻ってまいりました!!

いやぁ、wpX、すごい早くて快適だったのですがね・・・。以下にwpXサーバの良かった点と悪かった点、hetemlに戻ったキッカケを書きますので、これからwpX・hetemlに契約しようかなと思っている方はご参考までにどうぞ

wpXで満足出来なかった点

1. WordPressのwp-includes/配下のファイルがいじれなかった

これ、一番痛かったですね・・・。高速化する為にファイルを色々いじられている為か、契約者はFTP繋いでも wp-content/ 配下しかいじれませんでした。

僕はいつもMarsEditを使ってまして、MarsEditからAll in One SEOの設定をしてました為(meta.phpの修正が必要)、MarsEditで上げてから、管理画面でディスクリプションとかキーワードを手動で入れるはめになりました。

2. DBの容量が気になる

DBの容量は300M有りました。まぁ、多分300Mも使わないとは思うのですが、なんだか圧迫感があって^^;

2

39M使っているのは大体300記事位です。このペースなら特に問題無いのですが、頻繁にニュースを上げるサイトだったら足りないかもしれませんね。

3. 独自ドメイン10個では足りなかった

wpXはドメイン10個まで登録可能。個人的に友達のサイトを置いてあげる事があるので、もう8個埋まってしまいました。新しいサービスを思いついてもうかつに追加が出来ません。

4. wwwの有り無しが選べない

当サイトはhttp://wp-study.netですが、http://www.wp-study.netにアクセスしたら「無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく時間をおいて再度アクセスをお試しください。」という文章が出ます。これもちょっと・・・ねぇ。

静的htmlのサイトを作れない

これはまぁそもそものサイトの仕様でWordPress専用を謳っている為仕方ないのですが、やはりルートにフォルダ作って静的htmlを置きたい!という事も出て来たのでちょっと満足出来なくなった要因でした。。

hetemlに戻ったキッカケ

1. WordPressの全てのファイルがいじれる!

hetemlでは全てのファイルが自分の好きに弄れるので、meta.phpをいじってmarseditからall in one seoの情報も一緒に上げる事が出来るようになりました。

2. 独自ドメイン無制限!

いつでも好きなだけドメインを登録出来るので、登録制限にとらわれずに登録が可能です。

3. DB容量無制限!たぶん!

これ、hetemlのヘルプとかで見つけられなかったのですが、容量制限が有りますとは書いてなかったので無制限?じゃないかな〜と勝手に思ってます笑

4. 静的ファイルのサイトが作れる!

これもFTPで好きなとこにファイルが置けるので可能。自由最高!

ということで

wpXからhetemlに舞い戻ってきたわけですが、そんなにサイトが無い方ならwpXはめっちゃ早いし良いサーバだと思います。ページも管理画面もサックサクです。

ただ、ブログ以外にも色々やりたいって人はhetemlのが自由度が高くてお勧めですね。