XSERVERでWordPressが激早なのはMySQLがズバ抜けて早いからだった!

最近PhpSpeedというサーバのベンチマークソフトの存在を知りまして、面白そうだからちょいと試してみましたらちょっと驚きの結果になりました・・・。


XSERVERのMySQL早すぎwww

とりあえず今使っているXSERVERと、最近出たロリポップビジネスプランのサーバにPhpSpeedを設置して計測してみました。結果がこれ。

●ロリポビジネス
ロリポビジネスのphpspeed結果

●XSERVER
XSERVERのphpspeed結果

なんとXSERVERのMySQL数値がロリポビジネスの6倍

という驚愕の結果でございました。

見る箇所はSynthetic MySQL BenchMarkというとこでXSERVERが6576、ロリポビジネスが1283。共用サーバなので割り振られたサーバによって若干変動するかとは思いますが、ロリポビジネスはつい最近でたプランなのでまだ新しいサーバでしょうに。

いやーーーこりゃXSERVER早いはずですわ。WordPressの管理画面とかもサクサク動きますからね、MySQLが凄い早かったという分けですね。

MySQLがなんだかよく分からない人に説明しますと、MySQLというのはWordPressの投稿や設定などのデータを保存しているデータベースで、サイトの速度はこのデータベースの早い遅いにより大きく変わります。

MySQLが遅いと記事のデータや設定データを取ってくるのに時間が掛かって表示に時間が掛かるという寸法ですね。

XSERVERのMySQLはなんでズバ抜けて早いんだろう

と思ってXSERVERのサイトを色々見ておりましたら、答えはXSERVERの社長ブログに有りました。以下、社長ブログの2014/10/8の「MySQLサーバーのハードウェア強化」という記事から抜粋。

具体的な内容としてはメモリを倍増させたり、CPUを最新のものに変更したりと色々な強化を行いますが、最も大きな強化ポイントはSSDの採用ですね。

某有名メーカー製のSSDを採用し、なんとさらにストライピング対応までしちゃいます。ストライピングとは簡単に説明すると、SSDの台数を倍にしてその分速度も倍にしちゃうぜ!というイケイケな技術です。ただでさえ高いSSDのコストが倍かかってしまうのが難点ではあります。(ちなみに冗長性確保のためにミラーリングもします。)

MySQLサーバーにSSDを採用しているレンタルサーバー会社さんは他にもあるでしょうが、贅沢にストライピングまでしちゃってるところは非常に珍しいのではないでしょうか。

SSDストライピング版のベンチマーク結果を見てニヤニヤしてる今日この頃です。
グヘヘ。

http://x-blog.jp/archives/1344

どうやらXSERVERでは最近MySQLサーバーに高速なSSDを採用し、さらにストライピングというSSDの台数を倍!?にする方法を取り入れてさらに高速化をはかっているいたんですな、こりゃ早いはずですね。

ちなみに「グヘヘ」って継ぎ足したわけじゃなくて本当に社長ブログに書いてます(笑)
XSERVERの社長さんは本当に純粋なスピードマニアなんでしょうね〜。こういうの見るとさらにXSERVERをオススメしたくなりますね。けどあんまり人が増えたら遅くなりそうだから逆にあんまり教えたく無い気もしますが^^;

という事でWordPressをサクサク早く動かしたいならXSERVERが超オススメです!XSERVERのMySQLはSSD使っててすんごい早いんですよって記事でした。

エックスサーバー