超実用的なドローン Mavic Proが届いたぜぃ〜

去年2016年の10月に発売されたDJIのMavic Proがようやく届いたぜ〜!!もうドローンの完全体と言っても良い程の機能性とコンパクトが大ウケしてるのか世界中で人気らしく入荷が遅れに遅れてようやく届いたよと。

Mavic Pro開封の儀

1.jpg

というわけでこちらがMAVIC PRO(以後MP)!!個人的には ”PRO” っていらないんじゃない?って感じだけども。MAVICだけのがシンプルだしね。

それにしても僕が今持ってるPhantom2は買ったのがもう3年前になるのか〜早いような遅いような。まだまだPhantom2も元気なのだけどね〜

2.jpg

MAVIC PROの箱をパカっとね。本体とプロポと各種ケーブル類がシンプルに収まっております。箱もオシャレだし、失礼な話かもしれないがDJIが中国企業とは思えない程のクオリティ。ほんと中国企業の成長は早い。

そういえばPhantom2の時はジンバルやらカメラ(GoPRO)やらを揃えたら20万位したのだが、このMPには最初からジンバル・カメラも付属しており、買ってそのままハイクオリティな空撮が可能となっている。4Kで撮った空撮動画を自宅の4Kテレビで見るのがかなり楽しみ。

折りたためるMavic Proは持ち運びが超絶便利

3.jpg

こちらがMPの閉じた状態。まだプロペラは付けていない状態なのだが、プロペラも折りたたみが可能。ちなみにPhantom2はプロペラは折りたため無いし、プロペラを外すのも一苦労なので持ち運びが超邪魔くさかった為に空撮の機会も減っていったのだが、このMPはほんとに小さくコンパクトになるので手軽に持ち出せるのがほんと最大のメリットだと思う。手軽さは大事。

4.jpg

前部と下部のセンサー類も凄いねこりゃ(笑)前方の障害物も検知して自動で避けたり、離陸した場所とほぼ同じ場所に自動で着陸できるんですって。

ドローンを始めて飛ばす時って離陸と着陸が意外に難しいのよね。離陸の時は「えいやっ!」って思い切って上げないと前とか後ろに倒れてプロペラがガリガリガリガリってなるし、着陸時も同様に思い切って着陸しないと倒れてガリガリガリガリってなるしwww

MPはもう離陸・着陸は機械が自動でやってくるみたいなのでほんと簡単になりましたよね。まぁちゃんと離着陸出来るかはこれから試してみてだが・・・。

USB-Cケーブルも付いていたのでNexus5xとすぐに接続出来た!

1.jpg

今回のMPの一番の売りはなんと言ってもスマホと接続してスマホからリアルタイムでカメラの映像が見れる!ってやつなんですが、プロポとスマホを結ぶUSB-Cケーブル買わないとなぁと思ってたらちゃんと入ってた!

同梱物一覧の紙にはUSB-Cケーブルが有るって書いてなかったので、iPhone7の為に臨時で入れてるのかな。これは非常ーーーに有り難い対応。Nexus5xとMPのプロポつないでちゃんと動いたよ。

予備バッテリーは絶対有った方が良い

5.jpg

今回は予備バッテリーは同時に購入。バッテリー満タン状態で大体20分ちょい飛べるようなので、絶対予備バッテリーは1個は持っておいた方が良い(1回の飛行じゃ物足りないから)バッテリーの性能は前とあんまり変わらんね。バッテリーのブレイクスルーに期待。

Mavicショルダーバッグはちょっと迷った・・・

6.jpg

このMP専用のショルダーバッグも出ていてこれがブラックでなかなかカッコよかったんですよね〜。一瞬買おうか迷ったのですが、予備バッテリーが入るのかどうかが不明だったので今回は保留としました。

オフィシャルにも「Mavic本体とアクセサリーを収納できます」としか書いて無いし、アクセサリーってなんぞや?って感じ。バッテリーはそこそこ大きいから、あんまり入るスペースが無いような気がするんですよね・・・サイドポケットに入るかも・・・?みたいな。

実物見て予備バッテリーが入りそうなら買ってもいいかな、って感じ。

さ、晴れた日に手取川に行って飛ばしてみよ〜