Phantom2のモーターが壊れたから交換してみた(原因編)

Phantom2のモーターが壊れました(チーン)。あ、壊れたというか僕がドジな事して壊してしまっただけですが・・・。


プロペラガードを外した後、付けるネジを間違えたのがモーター破損の原因

DJI Phantom2のプロペラガードから卒業!

そろそろPhantom2のフライトにも馴れて来て、空撮動画撮影の際に映り込むプロペラガードが邪魔になってきたので外したんですよね。

で、プロペラガードを外した後、そのまま付いてたネジをもっかい付けてまきまきしたんですが、なんか固かったんですよね。けどまあしっかり巻いておかないとと思ってめいっぱい巻いたんです。で、巻いた後にたまたま指でプロペラを弾いたら「ゴリゴリゴリ」という音がしてプロペラが上手くまわらないんですよ。

あれ・・・なんかぶつけて壊したのかな・・・とショックで動揺していてフッと思い浮かんだのが

ひょっとしてネジ違うんじゃね、と。

ガード付けたのは結構前なのでうろ覚えなのですが、よくよく考えたらガードの分ネジが長くなってるし、本来は短いネジなのでは、と。

3

で、しょうがないから分解してみたらプロペラガードを付けていた穴ってモーターに直結(モーターに穴が有る)してまして、そのモーターの穴よりもネジが長いのでモーターの内部までネジが到達していました・・・。多分ネジがモーター内部を破壊したのでしょう。

2

プロペラガードの箱を空けてみたら短いネジが入ってました。僕が入れて忘れていたのでしょう・・・。という事でデフォルトのモーター固定ネジは短いので皆さんもご注意を。

プロペラガードで使ったネジをそのまま使ったらモーターが破損します!

しょうがないから変わりのモーターを注文して自力で交換する事にしました。次回は交換編!

コメント6件