生まれて初めて胃炎を発症!胃炎になった時の胃痛対策と治し方

先日、生まれて初めて胃炎というものを発症した。病院で「あなたは胃炎ですね」と言われたわけではないのだが、ネットで調べた限り自分の症状と原因が合致したのでまぁほぼ間違いなく胃炎であろう。

胃炎を発症した原因

胃炎を発症した原因、それは間違いなく “酒の飲み過ぎ” だ。先日1週間程グアムに行っていたのだが、行っている最中は朝起きてから夜寝るまで1日中酒を飲み続けるという愚行を行っていたのだ。

1.JPG

まぁ、愚行とはいっても朝起きてホテルの窓からこの素晴らしい海を目の前にしたら誰でもハイネケンの500mlをあけたくなるのはしょうがないと思う。また行きたいよグアム。

そんなもんで旅行の最中は1日3L位の酒を飲んでおり、帰国日の前日の夜から胃のあたりがキリキリと痛みだしたのである(帰国日前日で良かった)

これが結構地味に痛くて、まず寝れない。翌朝の6時にはグアム国際空港に着いていなければいけないので朝はやく起きないといけないのだが、痛みで全く寝付けずにそのまま朝まで痛みと格闘していた。

余談だが、朝7時のフライトの便が離陸してちょっとしてからエンジントラブルで引き返し、なんやかんやで結局夕方の便に振り返られ、名古屋のセントレアから金沢に帰ってきたのは深夜頃。その間ずっと胃痛が続いていてかなりの地獄を味わった。

胃炎の痛みを抑える方法と早く治す方法

まぁ医者じゃないので僕の体験談として話半分で聞いてもらえれば良いと思うが、金沢に帰ってきてから1〜2日はタケダの漢方胃腸薬を飲んだり、食事は消化の良いうどんを食べたりと胃に気を使っていたのだが、なかなか症状が緩和しなかった。

このままこの胃痛が続いたらたまらん・・・と思いネットで色々調べていたところ、有る薬を発見。そう、西村雅彦がCMをしていたあれ、ガスター10である!

ガスター10でとりあえず胃痛は収まる

3.JPG

こいつがガスター10。昔は西村雅彦のCMを見る度にオッサンが飲む薬だよねと関心が無かったが、とうとう僕もコレを飲む日がやってきたのか。僕ももう34、いいオッサンである。

薬は近くのドラッグストア(くすりのアオキ)で購入。第1類医薬品というやつで病院で出す薬と同じ成分らしく、購入時には薬剤師と話して許可を貰ってからじゃないと買えない。アオキの薬剤師さんは可愛くて話しやすくて色々教えてくれて良かった。

胃炎というのは胃の粘膜が弱っている状態で、胃から出る胃酸がその弱っている粘膜を刺激して胃が痛い状態になっているようだ。で、このガスター10はその胃酸の分泌を減らす効果が有るらしい。胃酸が出なければ胃も痛くならないし、胃粘膜の回復も早くなる、と。たしかにその通りだ。

4.JPG

で、アオキでこの薬を買って出てすぐに駐車場で飲んだのだが、これがまたビックリする位の効果!10〜20分も経たない内に胃の痛みが収まってきてほとんど痛みが無い状態になった。

殆ど薬を飲まない僕はこれにはかなりビビった。やはりすぐに効果を得るには漢方薬じゃなく薬じゃないとだめだなと。

というわけで、とりあえず胃炎時に胃の痛みを止めるならガスター10が良いと思われます。

胃炎を早く治す方法

胃炎を早く治す方法、それは “絶食” だ!
今回分かったのは、うどんとか胃に優しい物を食べていても少なからず胃に負担が掛かっているので、絶食が絶対良いはずだ(実際うどん食べてたがなかなか直らなかったし)

というわけで僕はこの「ガスター10」を飲みつつ「水」と「プロテイン」だけで固形物は何も食べずに丸3日過ごしたところ、4日目には胃は完全復活を遂げたのだ!

その4日目というのが昨日、12月24日なわけで24日はチキンを食べながらワインを1本開けてフルスロットルで胃を酷使したのだが全く問題無く痛みも出なかった。(24日の為に3日断食したが、もしかしたら2日でも大丈夫だったかもしれない)

というわけで

はじめての胃炎と胃痛を経験したので体験談として書いてみたが、とりあえず「ガスター10」と「断食」がオススメである。が、胃炎には急性胃炎(僕は急性胃炎)と慢性胃炎てのが有るらしいので、胃痛が続くようであれば病院へ行かれる事をオススメする。

今年も忘年会シーズンが始まったので、同じように酒で急性胃炎になった方の参考になれば幸いです。