Plesk12.5でPHP7.0に対応!GMOクラウドVPSのWordPressが激速に!!

これはほんとクリスマスプレゼントやー!PleskのアップデートでPHP7.0が使えるようになった!

Plesk12.5へのアップデートでPHP7.0に対応

現在僕はGMOクラウドVPSでアフィリエイトがてらアダルトブログもやっている。サーバー管理は全部Pleskにお任せ状態なのでPHP7.0もおあずけだったのだが、本日Pleskのアップデートをチェックしてみたらバージョン12.5.30が来ていたのでアップデートしてみたらインターフェイスがガラリと変わっておまけにPHP7.0も入れれるようになっていた!これはほんとクリスマスプレゼントや、超嬉しいぜ!

Plesk12.5へのアップデート方法

現在サーバーのPleskは12.0.18。アップデートは全部インターフェイス上から出来るのでめちゃくちゃ簡単だ。

1.Pleskのアップデート

1

まずはPleskを12.5へアップデート。Plesk管理画面へログインし「サーバ」->「ツールと設定」->「アップデートおよびアップグレード」へ進む。

2.jpg

次に「製品のインストールまたはアップグレード」を選択。

3

Pleskのバージョンを「12.5.30」に選択し、「続行する」をクリック。

4.jpg

Plesk12.5のアップデート開始!これが結構長くて、大体10分位待った気がします。途中で止まってるっぽくてもブラウザは閉じないで気長に待ちましょう。

5.jpg

Pleskのアップデートが無事に完了!「OK」を押して元の画面に戻ります。

PHP7.0のインストール

6

お次に待望のPHP7.0をインストール!「コンポーネントを追加/削除」を選択。

7.jpg

PHPのタブを開いてPHP7.0にチェックを入れて「続行する」をクリックするとインストールが始まります。

8

PHP7.0が無事にインストール完了!

PHP7.0へのバージョン切り替え設定

9.jpg

ダッシュボードに戻ったら、Pleskのインターフェイスがフラットに変わっておりました!このインターフェイス結構見やすくて好きな感じ。

さぁ、お待ちかね該当の部分にあるPHP設定をクリックしてPHP7.0へ変更だ!

10.jpg

PHPサポートのプルダウンからバージョンを7.0.0に指定して、画面下部に有る「適用する」ボタンを押せばOK!適用した後に「phpinfo()ページを表示」を押せばphpinfoが開いてPHP7.0が適用されているのが確認出来ます!

GMOクラウドVPSのサーバをPHP7.0へ変更したWordPressの感触

PHP7.0は既に当ブログが動いているXSERVERで適用して体感していたのですが、XSERVERほど最適化されていなかったので管理画面やページの表示は驚くほど早くなったと感じました。

今回のPHP7.0へのアップデートでWordPressは遅いなんて過去の話になるでしょう。素晴らしい体感速度です。

にしてもまさかPleskでこんなに早くPHP7.0が使えるようになるとは思っていなかったので、ほんと思わぬクリスマスプレゼントでした(喜)

やはり管理画面やページの速度が上がるともっと記事を書いたりカスタマイズしようという意欲がムクムクと湧いてきていいですね!PHP7.0最高!

これからアダルトブログをやろうとしている方も、FC2あたりからアダルトブログを引っ越したいと考えている方はほんとGMOクラウドVPSがオススメ!VPSでもオプションでPleskを付ければ普通のホスティングサービスと同様に管理画面から色々操作出来るので超ラクチンです。

GMOクラウドVPS

さ、またブログを色々改造しよ〜