AppleのWirelessキーボードの接続が不安定なので新品に買い換えたら別の原因だった(損)

いやぁ、だめやね。先入観で行動したらだめやね。


AppleのWirelessキーボードの接続が不安定なので新品に買い換えたら別の原因だった(損)

222

使っていたキーボードは5年ほど前にヤフオクで中古で買ったiMacに付いていたキーボード。なので、多分7〜8年もののキーボード。iMacを買ってからはほぼ毎日カチャカチャターンってキーボードを酷使していた。

で、つい先日からちょいちょい(1時間に1回位の割合で)「接続が切れました」ってBluetooth接続が切れるようになった。接続が切れたらキーボードをカチャカチャ叩いてたら1分程でまた繋がるのだが、PC作業が中心の僕にとってはすんごいストレスだった。

3日程我慢してみたがどうにも直る気配が無かったので、これはもうキーボードが壊れたんだろうと思って近くの100満ボルトで新しいAppleのWirelessキーボードを買ってきた。

ちなみにこのAppleのWirelessキーボードは超高くて8,000円位した。まぁ、アルミニウムだしかっこいいし、キータッチ具合は最高に気に入っているのでしょうがない。

だが、接続が切れる原因は・・・

AppleのWirelessキーボードのせいではなかったのである

新しく買ってきたAppleのWirelessキーボードを繋げてしばらくしたら接続が切れたのだ。たまたまかと思ったが、その後も何度か接続が切れてしまった・・・。

ということはだ、キーボードの接続が不安定なのはキーボード本体が原因ではなかったのだ!!

なんてこったい。

結局原因はハードではなくソフト

2

結局原因は最近入れたeyefiからPCに転送するソフトの「Eyefi Mobiデスクトップアプリ」というのが原因だった。これを止めたらキーボードの接続が切れる事は無くなった。

解決方法はまだ調べてないのだが、すっかりキーボードのせいだとばかり思っていた。

教訓

今回、お古のキーボードなのですっかりキーボードのせいだと思い込んでいたが、常駐ソフトを止めてみたりして他の原因も探ってみるべきだった。

”古いキーボードだから壊れたんだろう” という先入観で行動したが、それは誤りだった。今後はへんに先入観で行動せず、きちんと色々検証してから行動しようと思った今日この頃。