種を蒔くということ

エクスペリエンス・マーケティングで有名な藤村氏がこんなツイートをされてました。

アイキャッチの写真はいつものパクタソさんからお借り。

そういう種を蒔いてきたから

僕もほぼフリーみたいな感じで自由にやってるもんで結構同じことを言われるんですが、そうなんですよ、それはそういう種を蒔いてきたからなんですよね。

27歳の時に10年近く務めた会社を辞めてバックパッカーになって1年好き勝手やった後、28歳の時に大手プロバイダのコールセンターの派遣として働いてたんですが、クレームだけを毎日延々と処理するという地獄のような部署に配属されて「こんなとこには絶対長くいたくない(てかいたら病むwww)」と思い、前々からかじっていたウェブデザインとアフィリエイトを本気で勉強して現在はウェブデザイナーとして独立し、アフィリエイトも順調に収益を伸ばしています。

ちなみに独立したのは30歳の時なので、28歳から30歳の間は昼間はクレーム対応、夜はウェブデザインの勉強&アフィリエイトサイトの運営をしていましたのでかなりハードでした。特にクレーム対応はほんと病みそうでした(笑)

しかしながらなんとか派遣として給料が確保されているうちに種を蒔き、目が出てきてぎりぎり生活出来るかな〜というところで派遣の更新をストップしました。

今ではウェブデザインとアフィリエイト、あと色々知り合いの紹介もあって外注でコーディングもやっているので収入は派遣時代を超え、年々上がっておりますm(_ _)m(多謝!)

という事で何が言いたいかというと "種を蒔く" というのは非常に大事!

独立を考えているなら絶対に給料が確保されている会社員時代に種を蒔くべきです。勉強もそうだし、平行して自分の事業をスタートさせれば良いと思います。早いにこしたことは無いですからね。

蒔いた種は継続して水をやれば必ず花開く時がくると思います。僕も28歳の時に種を蒔いていて本当に良かったと心から思っています。毎日クレーム対応しなくていいんですから(笑)

現状に満足していない方、種まきは自分にしか出来ませんよ。