今更ながらラジコン操縦士登録・ラジコン保険に申し込んでみた

今年の春にDJI Lightbridgeを買ったらPhantom2で遊ぶ機会が増えそうなので、今更ながらラジコン保険に申し込んでみました。


ラジコン保険に入るにはラジコン操縦士登録が必要

基本的に僕は人がいない川やら海やらで飛ばしているのでドローンで事故る事はほぼ無いとは思うのですが、一般財団法人日本ラジコン電波安全協会(長いので以下、ラジ協)というところのラジコン保険が2年で4,500円と安く、保証限度が1億円と結構保証されるぽかったので一応入ってみました。

で、このラジコン保険の入り方ですが、ラジ協にラジコン操縦士として登録と同時に保険に入れるみたいです。入るには所定の登録申請書(ラジコン買った時に同封されてるらしい)か、郵便局の払込取扱票かのいずれか。

ラジコン保険

僕はセキドというところでPhantom2を買ったのですが、どうやら登録申請書は捨ててしまっておりました・・・。なので、ちょっくら郵便局に行って払込取扱票から申し込んできました。

今更ながらラジコン操縦士登録・ラジコン保険に申し込んでみた

書き方は以下、ラジ協のページ内にある「申請書及び記載例」をご覧ください。にしてもラジ協の名前長い・・・というか改めて自分の書いた字見たら汚いwwwあれこんなに字書くのヘタだったかな???最近タイピングばかりでほんとに字を書く機会減ったからなぁ・・・。

あと上の僕が書いたやつは右側の欄に書くの忘れてますのでご注意を(笑)で、窓口に出して4,500円払えばOKらしい。

メール登録とかは無いので確認メールは来ないから、自宅にラジコン操縦士登録証が届くのを待つだけですな。

それにしてもラジコン保険加入の有無で、無しを選択するのはなにかメリットが有るんかな?保険に登録しようがしまいが4,500円みたいなのだが、不思議。

街中で飛ばす人はラジコン保険入っておいた方が良さげですね。