ジビエ料理が食べれる金沢の湯涌温泉に有るお宿「銭がめ」へ行ってきた

生まれて初めてイノシシ鍋食べたった!

ジビエ料理が食べれるお宿「銭がめ」

DSC09230.jpg

「銭がめ」は先日嫁の友人夫婦と昼飯を食べた時に教えてもらったジビエ料理(狩猟で捕ったイノシシとかシカとかそんなの)が食べれるというお宿。お宿というか飯屋というか温泉というか、温泉だけでも入れるし飯だけでも食べれるし、そんな感じのお宿。

DSC09234.jpg

場所は花咲くいろはでお馴染みの湯涌温泉に有る。僕は今野々市市に住んでいて車で30分弱ぐらいで来れるのだが、やはり山の方に来ると一気に雪景色になる。

DSC09236.jpg

湯涌温泉街とは若干道が外れた場所で銭がめを発見。木造で雰囲気の有る昔ながらのお宿な印象。雪が降っているとなお一層イイ雰囲気である。

DSC09238.jpg

DSC09242

宿に入り女将さんらしいオバちゃんに泊まりですと伝えると、泊まり客はもう僕らだけなのか(といっても着いたのは3時過ぎだが)名前も聞かれずにそのまま部屋に案内してくれた。恐らく宿はオマケ的な感じで運営しているようで、利用客も少ないのだろう。

※これ後で気付いたのだが、この宿は1日3組限定でした。だから名前聞かなくても分かったのか〜

DSC09246.jpg

部屋のクオリティはまぁ普通(笑)が、1泊2食付きで1万位なので全然有りだ。気になるのは冷蔵庫の上に ”ドン” と置かれたアースジェットぐらいだが、何に使うのかは考えないでおこう。

DSC09250.jpg

部屋からは美しい雪景色の眺めが。夏よりも冬に来た方が風情が有ってよいですな。

檜風呂の温泉は小さいが落ち着く

DSC09254.jpg

銭がめの天然温泉はやや小さめでは有るが、檜風呂で無色透明のお湯はすんごく気持ちよかった。他にお客さんもいなかったので一人でのんびり入れて良かった。

温泉に入った後は窓の外で冷やしておいたビールを飲んで感無量。温泉宿の醍醐味はやはり温泉後のビールに限りますな・・・ほんとこの瞬間の為に日々頑張って働いているんだよ・・・。

ちなみに館内にはビール自販機等は置いてないので、山に入る前にコンビニで買って行く事をオススメする。まぁ瓶ビールは売ってるので瓶ビールでも良いけどね。

囲炉裏を囲んでジビエ料理を堪能

DSC09270.jpg

温泉からのビールを飲んでほろ酔い気分で夕食!

お料理は山魚のお刺身と山菜の煮付けにイノシシ鍋。囲炉裏で作るご飯って凄く美味しそうですよね。

DSC09272.jpg

イノシシの肉。

DSC09273.jpg

山魚のお刺身。

DSC09284.jpg

イノシシの肉って生まれて初めて食べたのだ。かなり歯ごたえが有り噛めば噛むほど味が出て来るような感じで、豚や牛とはまた違った感じだった。

肉の後はうどん・雑炊と出てきたのでかなり腹一杯堪能出来ました。これで一人1万位ならかなりお得ですな。

DSC09294.jpg

食後はお部屋でまったり。嫁はんは館内に置いてあったドラえもんに夢中になっていた。

〜〜〜

DSC09308.jpg

そして朝。

昨日は気付かなかったのだが、窓から外を覗いたらワンコロが雪に埋もれていた(笑)右上の寒そうな犬小屋が彼の家っぽいのだが、こんな雪降ってて超寒いのに犬って外で寝れるんですな・・・。

DSC09302.jpg

起きたらすぐに温泉に入り、温泉後に朝食という最高の流れ。やっぱ温泉宿って最高ですわ・・・。温泉効果か朝食もいつもより箸が進みました。

DSC09244.jpg

ほかにお客さんも少なかったせいか、凄く静かで落ち着いたまさしく ”都会の喧騒からかけ離れた空間” を堪能出来ました。

ジビエ料理食べてみたい・・・って方は是非泊まりで行かれてみては如何。

——
今回泊まった宿:金沢・湯涌温泉 銭がめ
撮影カメラ:SONY RX100 III