24mm広角から200mmズームまで撮れるDSC-RX10M2の簡易レビュー

2015年の夏に発売されたSONYのサイバーショットDSC-RX10M2をこの度購入!ちょっと使ってみた感じですがかなり使い勝手の良いカメラになりそうな予感。というわけで簡易レビューでございます。

DSC-RX10M2の簡易レビュー

2.JPG

スーパースローモーションの動画が撮れる!

今回このカメラを買った1番のお目当ては「スーパースローモーション(HFR)」で動画が撮れるという機能です!新開発された超すごいCMOSセンサーで最大960fpsというスーパースローな動画が撮影出来る。

今年も鈴鹿の8耐に行く予定なのですが、そこで面白いスローモーション動画が撮れればいいなと思い購入しました。まぁ他にもなんかしら使えそう。早速いくつかRX10M2でスローモーション動画を撮ってみました。

HRF・時間優先モード(60p)で水が落ちる様子を撮影

HRF・時間優先モード(60p)で金沢市内の雪の様子を撮影

如何でしょう、結構面白いスローモーション動画が撮れました!てか水の映像でなんでチカチカするのかなって思ったら、実は蛍光灯って人間の目には見えない頻度で点滅してるんですって!なんでかは調べてないんですが、そんなん見たいです。

1つ残念な点・・・スローモーション動画は最大4秒しか撮れない

これ買う前に調べとけば良かったのですが、スローモーション動画は画質優先モードで2秒・時間優先モードで4秒しか撮れません。僕はてっきり普通の動画みたいにSDカードの容量分撮れると思っていたのですが、そうでは有りませんでした・・・。なので、長時間スローモーションを撮りたい!って方は最大4秒しか撮れませんのでご注意下さい。

今後ソフトウェアのアップデートでなんとかならないかな・・・と淡い期待。

SDカードはClass10異常のSDXCメモリーカードが必要

1-1.jpg

もう1つ注意点。スーパースローモーション動画を撮影するには「Class10以上のSDXCメモリーカード」が必要です。Classが10以下だと撮影出来ないのでご注意あれ。

24mmの広角から200mmのズームまで全域F2.8で撮れる

3.JPG

もいっこRX10M2で凄いのは、24mmの広角から200mmのズームまで全域F2.8で撮影が可能!これは凄いですよね。全域F2.8で撮影が可能なので、200mmの望遠で撮ってもボケの有る写真が撮れる。

200mmまでズームすると “えっ、そんなに伸びるんwww” ってぐらい伸びます(笑)今まで200mmで撮る時は望遠レンズに替えてたのですが、レンズ交換せずに24〜200mmまで撮れるのってすんごい手軽に感じました。

にしても今年の8耐はこれでかなりズームないい写真が撮れそう!0.13秒の高速オートフォーカスとこのズームでメインストリートを突っ走るバイクを激写してやるぜい!というわけでDSC-RX10M2の簡易レビューでした。